Laravelを使ってみよう【#15】Nginxの設定を変える

2023年02月17日

Laravelで早速エラーが出た

Laravelを勉強し始めたときにweb.php内に追記して画面を表示させました。この操作をGoogle Cloud上で、サーバーソフトウェアはNginx(エンジンエックス)を使って行っていたのですが、

Route::get('/plando', function () {
    return 'palndoと入力した結果です';
});

web.phpにこの動作を追記してアクセスしたところ、404 Not Foundエラーが出てしまいました。最初このエラーが出た時、ディレクトリ権限が足りてなくてLaravelのプロジェクト作成の時に必要なファイルができてなかったのか?と思っていましたがそうでもなさそう。

まずはエラーログを確認してみます。

※以前の記事でLaravalプロジェクトをhtmlのディレクトリと同階層に作ったのですが、VSCodeで編集しようとすると権限が足りなくて編集できなかったのでユーザーディレクトリに変更しました。

秘密鍵を生成するときにもしかしたらユーザー権限を管理者にできるのかもしれないですが、そこまでするメリットを感じなかったのでこの方法を取りました。

スポンサーリンク

エラーログは/var/log/nginx/error.logにあるみたいなのでアクセス。

うーん、いまいちわからない。ファイルがないしかエラーが出てませんね….。調べてみるとnginxのルート設定の問題とのこと。一旦その通り変更してみます。

現状の設定は公開ディレクトリ(root)が/var/www/html/public。これは問題ないみたい。

変えなければいけないところはlocationの部分で、元々try_files $uri $uri/ =404;になっていました。これが問題で、意味としてはURLにスラッシュがついているものは404で返すというものだったらしいです。

そりゃあエラー出る上にログにも出るわけないわということでその部分を、try_files $uri/ /index.php?query_string;に変えてやります。意味としてはスラッシュのついたURLはすべてindex.phpにパラメーターを付けたものに変えるという意味です。へー、こんな設定できるんですね。Apatchにもあるのだろうか、超簡単ですね。

しかもなぜかlocationの後のスラッシュであるべきところがなぜかバックスラッシュになっててこれもエラー出る原因になってました。

さいごに

改めてhttp://xxx.xx/plandoにアクセスしてみると…

ちゃんと表示できました。

ようやくスタートラインに立てた気分です。

ここからはスピード上げていきたいと思います。

お知らせ

株式会社プラン・ドゥでは展示会の設営や販促品やホームページなど販促に関わるサービスの販売を行なっております。
展示会などでのノベルティなど豊富に取り揃えております。

取扱商品はこちらからご覧いただけます。
http://plando-inc.co.jp/product

同じカテゴリの記事

関連記事

スポンサーリンク

DTP

Laravel開発

wordpressカスタマイズ

デジタルマーケティング

ライフハック

動画

当社製品について

Contact各種お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談など
まずはお気軽にご相談ください

お仕事のご依頼やご相談、弊社サービス内容に関してなど、お気軽にご相談ください。

トップページ コラム 各種お問い合わせ プライバシーポリシー