「キーワードプランナー」を使ってターゲットに刺さるキーワードを探そう

2022年09月05日

ターゲットを決めていく

前回の記事で書いたように、ホームページでメッセージを伝えたい対象を決めていきます。

当コラムであれば、現状はホームページ制作を自分でしたりする方、してほしい方向けに作っています。ちょうど先日から依頼を受けて始めた製作中のサイトであれば、施設を探している利用者やその家族などです。

ターゲットに関してはしっかり検討したほうがいいです。そして最初はできるだけ広い範囲でのターゲットを設定します。あとで紹介する「キーワードプランナー」でこの後検索でサイトをヒットさせるキーワードを決定していくのですが、ターゲットがニッチすぎると月間検索数が低すぎてアクセス数が伸びなくなってしまいます。

この施設の場合、脳に障害を抱えた方のいるご家族が検索してたどり着いてもらうのを目的としていますが、それ以外に担当の方が先生であった経歴もあるので、子育てで悩んでいる方や発達障害まで範囲を広げました。

キーワードを決めていく

ターゲットを決めた後は、そのターゲットがどのようなキーワードでサイトに辿り着くかを決めていきます。ターゲットに合っていてかつ検索される数の多い言葉を選んでいきます。

スポンサーリンク

キーワードプランナーを使用する

Googleなどで検索したときに上に「広告」と書かれたリザルトを見たことがあるでしょうか。

こういうやつです。これをリスティング広告と言って検索エンジンの会社にお金を払って通常の検索結果よりも上に表示することができます。

どのキーワードで検索されたときにこの広告を表示させるかをユーザー側で設定できるのですが、このキーワードを選定するツールが「キーワードプランナー」です。

なんだかお金を払わされそうな雰囲気が漂っていますが、googleアカウントでログインします。

いろいろ進めてしまってから記事を書いているので画像を残すのを忘れていたのですが、ホームページの名前やユーザーの情報などを入力して進めます。最後にクレジットカードの情報を入れるところがあるのですが、広告を作ったあとに停止できるので請求が来ることはありません。

後日画像作成して手順を表示しておきます。

次回はターゲットが検索しそうなキーワードを妄想しておおまかな月間検索数を調べ、多いものを組み合わせてどのような記事を作っていけばいいかを具体的に考えていきたいと思います。

お知らせ

株式会社プラン・ドゥでは一番くじなどで馴染みのあるミシン目の入ったくじの販売を行なっております。



他社ではなかなかできない製品を最適な価格でご案内させていただいておりますのでぜひお問い合わせください。その他の取扱商品はこちらからご覧いただけます。
http://plando-inc.co.jp/product

同じカテゴリの記事

関連記事

スポンサーリンク

DTP

Laravel開発

wordpressカスタマイズ

デジタルマーケティング

ライフハック

動画

当社製品について

Contact各種お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談など
まずはお気軽にご相談ください

お仕事のご依頼やご相談、弊社サービス内容に関してなど、お気軽にご相談ください。

トップページ コラム 各種お問い合わせ プライバシーポリシー